整形外科

整形外科外来

 整形外科とは、体の軸となる骨・関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉、またこれらを支配する神経系からなる 「運動器」の専門外来です。

こんな症状の方へ・・・                                                                                      背骨と骨盤という体の土台骨と、四肢(手足)をその主な治療対象にしています。具体的には、肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛・坐骨神経痛・膝痛・手足のしびれ・手指のこわばり・扁平足・外反母趾・爪まわりの痛みや腫れなどの症状の方。地域にお住まい・お勤めの皆様の身近な整形外科「かかりつけ医」でありたいと考えておりますので、お気軽にご相談ください。              または交通事故で負傷された方も自賠責保険が適用されますのご相談下さい。

 捻挫、切り傷、骨折、脱臼、腱断裂(アキレスなど)、関節リウマチ、 痛風、五十肩、変形性関節症、バネ指、陥入爪、脊椎椎間板ヘルニア、 脊柱管狭窄症、交通外傷(ムチ打ち症など)、スポーツ障害(膝半月板や 靭帯断裂、野球肩や肘など)・                 交通事故、労災保険指定、各種保険取り扱い


神経節ブロック治療(注射)

 神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、関節や筋肉の痛みを和らげる治療です。麻酔薬が神経に作用し、痛みの伝わる経路をブロックすることで、痛みを取り除きます。血管が拡張する作用があるため血流がよくなり、筋肉のこわばりもなくなり痛みが緩和されます。
比較的よく行われる治療ですので安心してください。


外反母趾専門外来

外反母趾は親指に原因がありません。長年間違えた関節や筋肉の使い方による結果です。手術などは行わずに、関節と筋肉の使い方を指導します。2~3回で痛みは改善します。


スポーツ障害対応

スポーツ障害とは医学的にはいわゆる「使いすぎ症候群」といわれる もので、スポーツを通じて身体を酷使することによりさまざまな部位 に痛みや張りが発生することを言います。野球少年に発生しやすい「野球肘」 は有名ですが、それ以外にも、「オスグッド病」、「ジャンプ膝」など多種にわたります。

スポーツ整形外科はこちら>>



骨密度検査 デキサ法(保険適用可)



超音波画像検査(エコー)

このエントリーをはてなブックマークに追加